« | メイン

2016年6月20日 (月)

犬との生活

20年前に独立し、自宅でPCを使う学習塾を始めました。その少し前に我が家にやって来たのがゴールデンのメイ(雌)です。暫くして超大型犬が欲しくなり、その第一候補がセントバーナードでした。近所のペットショップを探しても見つからず、ネットで北海道のブリーダーを見つけ、やって来たのがまりあ(雌)です。この時点で2頭飼い。

その後近所の方が2頭の捨て犬をレスキューされ、うち1頭を引き取ったのがシュナウザーのチョコラ(雄)です。この頃に初めてのワンコ連れでブリーダーを尋ねた北海道旅行をしました。

この旅行から帰宅した日にチョコラが亡くなりました。

またTVポチたまの撮影で我が家に10頭近いセントが集まった事もありました。

6歳の時まりあが悪性リンパ腫になり三ヶ月の抗がん剤治療も虚しく亡くなりました。

また、下血の止まらないメイも子宮蓄膿症の手術をしたのですが、手術後3日で亡くなり、すべてのワンコが居なくなりました。

ワンコの魅力から逃れることが出来ず、やって来たのがセントバーナードのサンです。

生後30日程でやって来たサンノ成長記は、ポチたまの特番として放映されました。

1頭では寂しいだろうとレスキュー下のがグウーでしたが、この時は、虐待のために殆ど歩く事ができず、前足のみで移動するような状態でした。サンもグウーを可愛がり、お母さんもうしろ足を使って歩くよう訓練、やっと歩けるようになりました。

サンの遊び相手にはやはりグウーでは小さいので、急遽セントをもう一頭増やすことに。

それがアースで、久し振りに3頭に成りました。

2頭3頭もおなじだとギャラクシーがやって来て、当時は珍しいセントバーナード3頭プラス、フレブルの賑やかな生活を送っていました。

そこにワン友さんからのお話でなるとを引取り5頭態勢となりました。

大変な事もありましたが、それを上回る愉しさがあり、賑やかな生活をエンジョイしていました。

暫くしてアースがてんかん症を発症、病気と付き合いながらの生活が始まり、またギャラとアースの相性が悪く、時々大喧嘩。この頃は多頭飼いを恨みました。

なるとがやってきて、一年ちょっとで琵琶湖で水遊び中に急死。

アースが血栓を起こして歩けなくなり、最後は血栓が脳に回りなくなりました。

続いて2頭亡くし、サン、ギャラ、グウーの3頭に。

一年程してサンが胃捻転で死亡し、更にグウーがお腹に水が貯まるようになり、週一で抜く状態が続きましたが、ついに力尽きる亡くなりました。

グウーが亡くなる少し前に、縁あってブルドッグのバニラがやって来ました。

そいて今月15日のに呆気なく8歳半の生涯を閉じ、我が家は、現在バニラのみです。

この20年出入りの多いわんことの生活でしたが、楽しい思い出やワン友さんが出来愉しい20年でした。

Img_20160617_170717

これが我が家の20年に渡るワンコの生活です。

写真はギャラクシーの供花です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347891/33861863

犬との生活を参照しているブログ:

コメント

20年の歴史を振りかえられたというのは、少し哀しみが収まったと受け止めてよいのでしょうか。

そうですね。ギャラ君がブリーダーさんの床下?に潜り込むのが好きで、前足を汚していたのを覚えています。

1Gbにしても早い実感がないのは、普通のことです。全ての条件が整っていたとしても、検索先のサーバーの能力が劣っていれば、通信は一番遅い通信に収斂されてしまうからです。

条件というのは、回線、有線ならLANケーブルの能力、無線ならルーターの処理能力、パソコンの通信ボードの能力など見えない部分も全部1Gbの仕様を満たしていないと、本来の能力を発揮できません。

ギャラクシーを送って、頭を過ぎったのが過去に送ったわんこ達のことでした。薄れてきた記憶を辿ると、こんなに沢山のわんこを送ったのかと驚きです。
残念ながら朝体を擦りつけてくる大きな体がいない事には、まだまだ慣れません。

突然のギャラクシー君の訃報にただただ驚いています。亡くなるときのお話を聞いてもなぜという気持ちです。心の空間を埋めるのに時間がかかると思いますが、頑張ってください。心からご冥福をお祈りいたします。お花をお送りいたしましたのでお供えください。

パニピレさん
ご無沙汰しています。
お心遣い本当に有難う御座います。
朝ドッグランで、遊び車で移動したレストランで倒れて、気道確保と、心臓マッサージで息を吹き返し、病院へ行く車にも歩いて乗り、目もしっかりしていました。熱中症かと思っていたのが心臓が悪かったようです。エコー検査で見てみると、心臓の収縮が弱く、逆に動きが早い状態でした。落ち着いたらようだったので連れて帰る途中で、また倒れ病院に戻りましたが、そのまま亡くなりました。

ギャラ君のあまりに急な訃報に驚いています。 ギャラとミニーは同胎犬で、同じ飛行機でやって来た仲間だったので、いろんなところでかわいがってもらいました。 ミニーより大きく元気だったギャラが虹を渡るなんて信じられません。 2月末に出会った時も元気だったのに。 寂しくなります。 ご冥福をお祈りします。

わが家もチョコちゃんが亡くなり、淋しくなりました。
悲しいです・・・

ギャラクシー君をお迎えされてからずーっと成長を見てきましたが久々除いたら亡くなったと・・・驚きました!!
パパさんのお気持ち思うと辛くなります、ギャラ君のご冥福こころよりお祈りいたします

ちゃこさん
久し振りにブログを再開した途端に寂しい話になり、心理的に参っています。ギャラクシーへの心使いのコメント本当に有難う御座います。

コメントを投稿